論 文

2010年以前のもの

一部の論文は、ダウンロードできますので、ご自由にお読みください。


「オートポイエーシス」って何?~ある大学教員と大学院生との会話から

    駒澤大学心理臨床研究 (9) ,  p.8-15. 2010年3月

ダウンロード
「オートポイエーシスって何?:ある大学教員と大学院生との会話から」(2010年
PDFファイル 277.4 KB


スクールカウンセリングにおける「軽度発達障害という状況」への取り組み方

          ブリーフサイコセラピー研究   17(1) ,  p.56-59.  2008年10月


子ども・家族の面接方法について:家族療法的ものの見方から考える

          ケース研究(家事事件研究会)  296,  p. 55-81.    2008年

ダウンロード
子ども・家族の面接方法について(2007年7月10日の東京家庭裁判所調査官自庁
PDFファイル 324.1 KB


ブリーフセラピーが心理臨床家の養成に貢献できることは何か

 スクールカウンセリングの現場から,

    ブリーフサイコセラピー研究   16(1) ,  p.30-35.     2007年

ダウンロード
ブリーフセラピーが心理臨床家の養成に貢献できることは何か:スクールカウン
PDFファイル 485.7 KB


「関係性」という視点から見た催眠臨床:トランス空間とオートポイエーシス.

 

 

   催眠学研究, 49(2),  p.28-35.2006年


ブリーフセラピー的実践研究とは

 

 

  ブリーフサイコセラピー研究, 14,  p.44-50. 2005年


夫婦と治療者の「間(あいだ)」の創出と活用

         家族療法研究    第21巻 第3号 ,   p.238-244.  2004年12月25日

ダウンロード
夫婦と治療者の「間(あいだ)」の創出と活用.pdf
PDFファイル 511.8 KB

☞ 上記の論文は、家族療法学会の学会誌「家族療法研究」の「誌上コンサルテーション」というコーナーに掲載された、私の初めての家族療法の事例論文です。 2001年に秋田に移る直前まで担当していた夫婦面接について、その事例の経過を描きながら、そこで夫婦とセラピストとで行われた「間(あいだ)」の作業を考察したものです。

 今、この論文を読み返してみると、まだまだケースにおいては恥ずかしながらジョイニング不足、論文においては考察不足だったな〜と思いますが、この当時から自分の関心は「関係性」や「あいだ」(←これは精神医学者の木村敏の影響が大です!)にあったんだな〜と今も続いているテーマの流れの始まりを感じましたね。 

 本当はこの論文は、お二人のベテランの家族療法家(遊佐安一郎先生と福山和女先生)からもコメントをいただいていたんですが、それらは残念ながら見つかりませんでした。でも、それらのコメントはとても勉強になったし、自分の家族療法熱(?)に火をつけてくれたことを思い出しますね。なんとかコメントを見つけたいと思います。


心理療法においてセラピストが「主体的になること」

   秋田大学臨床心理相談研究   第2巻 ,   p.1-10.     2002年3月31日.



心理査定を用いた道徳教育の試み -スクールカウンセラーの新たな役割ー

   秋田大学教育文化学部研究紀要教育科学   57,  p. 23-29.     2002年3月.


催眠療法と間主体的現象として考える - 事例を通しての検討 -

   催眠学研究   45(2) ,  p.1-7. 2000年


イメージ療法における治療者の内的態度と外的態度:吐き気を訴える男子大学生との一事例. 

 

   教育相談研究,  38,  p.1-7.2000年 (笠井仁先生との共著)


イメージ療法におけるイメージの間主体性

   催眠学研究   44(1) ,  p.19-26.   1999年


イメージの「場の変化」操作の技法について:イメージ分析療法による事例を通して. 

   

   催眠学研究,  39(1),  p.7-11.1995年


対人面接場面における行動変数の操作:姿勢一致とラポール形成.

 

   駒澤心理, 1 , p.15-26.1994年