論 文

2010年以前のもの

一部の論文は、ダウンロードできますので、ご自由にお読みください。


「オートポイエーシス」って何?~ある大学教員と大学院生との会話から

    駒澤大学心理臨床研究 (9) ,  p.8-15. 2010年3月

ダウンロード
「オートポイエーシスって何?:ある大学教員と大学院生との会話から」(2010年
PDFファイル 277.4 KB

スクールカウンセリングにおける「軽度発達障害という状況」への取り組み方

          ブリーフサイコセラピー研究   17(1) ,  p.56-59.  2008年10月


子ども・家族の面接方法について:家族療法的ものの見方から考える

          ケース研究(家事事件研究会)  296,  p. 55-81.    2008年

ダウンロード
子ども・家族の面接方法について(2007年7月10日の東京家庭裁判所調査官自庁
PDFファイル 324.1 KB

ブリーフセラピーが心理臨床家の養成に貢献できることは何か:

        スクールカウンセリングの現場から,

    ブリーフサイコセラピー研究   16(1) ,  p.30-35.     2007年


夫婦と治療者の「間(あいだ)」の創出と活用

         家族療法研究   21 (3) ,   p.238-248.  2004年


心理査定を用いた道徳教育の試み -スクールカウンセラーの新たな役割ー

   秋田大学教育文化学部研究紀要教育科学   57,  p. 23-29.     2002年


心理療法においてセラピストが「主体的になること」

   秋田大学臨床心理相談研究   2,   p.1-10.     2002年


催眠療法と間主体的現象として考える - 事例を通しての検討 -

   催眠学研究   45(2) ,  p.1-7. 2000年


イメージ療法におけるイメージの間主体性

   催眠学研究   44(1) ,  p.19-26.   1999年