2019年度 講演会・研修会の予定一覧

タイトルをクリックすると詳細リンクにとびます。

2019年度 講演会・研修会のレポート

 

2

岩手県総合教育センター研修講座講師
日 時

2019年5月22日(火)9:00〜16:15

場 所 岩手県総合教育センター4階大会議室
内 容

講義&実習 「アドラー心理学に学ぶいじめ問題の理解と対応-アドラー心理学的取り組み方-」

参加者 岩手県内の小・中・高・特別支援の教員 100名

メ モ

 

 岩手県総合教育センターでの「いじめ研修」も今年で3年目。上越教育大学の赤坂先生が前日にアドラー心理学の教育実践の方法である「クラス会議」についての1日研修をやっていたので、参加者の皆さんはすっかりほぐれて、また赤坂ワールドに染まっていましたね〜(笑)。

 今回は、昨年使ったパワポ資料をあえてほとんど変えずに臨んでみました。昨年と参加者が違っているので、同じ資料でも参加者からの質問内容が違い、当然それに答える自分のコメントも違うので、昨年とは違う新しい展開がいくつかみられました。

 今回はさらに読めばわかるようなパワポ資料の話は軽く流すようにして、その分グループ討議やそのあとのグループからの報告、それに応じての私のコメントなどの時間を意識的に増やしてみました。そうすると、自然にパワポ資料に書かれていない即興的なワークやコメントを、その場で考えて追加していくことができました。この点は、参加者の反応を見ても、良かったのではないかなと思えましたね。その場で生まれてくる参加者とのやりとりから学びの場を構成することを、もっともっと意識してやっていきたいですね。そうやって生まれてきたアイディアを翌日にパワポに記入しておくということも今回あらたにやってみましたが、これもまた来年もあるであろうこの研修がさらに良くなる種をまけたことになるかな?  

 

写真)会場の様子

 


 

1

ヒューマンギルド主催ワークショップ講師
日 時

2019年5月18日(土)〜19日(日)土曜13:30~18:30 日曜10:00~17:00

場 所 ヒューマン・ギルド研修室(新宿区神楽坂)
内 容

講義&演習「ナラティヴ・アプローチ入門:対話的な面接ができるようになるために」

参加者 一般の方21名

メ モ

 

 昨年の12月以来のヒューマンギルドでの講座を担当。今回のテーマは「ナラティヴ・アプローチ」でした。スタートは講義中心で始め、「ナラティヴ」や「社会構成主義」などの難しい概念を説明しましたが、これらを参加者にどうわかりやすく伝えるか苦心しましたね。前回よりも参加者が増えてやはり熱心な方が多かったせいか、質問はたくさんしてもらえました。そのおかげで、参加者と私とのやりとりによって、難しい概念を少し理解を深めることができたかな?(そうあって欲しいですが〜)

 

  研修内でのワークは1日目の「無知の姿勢」のワークは比較的スムーズに参加者に行っていただくことはできたのですが、2日目の「外在化」のワークは思ったより参加者が苦戦していましたね。もう少し説明の仕方やデモンストレーションを入れるなど、改善が必要だなと痛感しました。 最後の「外在文化」に関する講義もなんとなく中途半端になってしまったのは反省点ですね。この「外在文化」をどう体感してもらうのかは今後の課題です。

 

 ヒューマンギルド での研修はこれで4回担当しましたが、毎回熱心な学習意欲のある参加者ばかりなので、熱く討論ができるのは嬉しいですし、その時の自分の考えの立ち位置を確認できるとても良い機会を与えてくれるのが、アドラー心理学の総本山(?)ヒューマンギルド なんだとあらためて思いました。また呼ばれたい研修の場ですね。