定員に達しました

Zoom オープンダイアローグ体験の会 2020冬のご案内

オンラインによるオープンダイアローグ体験をする研修を10月に続けて、11月にも企画いたしました。


オープンダイアローグにおける技法である「リフレクティング・トーク」は、対人援助職 にとって、とても大切なしっかりと身に付けておきたいコミュニケーション・スキルだと思います。
それはスキルに留まらず、対人援助職のような「自分を使う」職業の方にとっては、自分の目前の「対話」相手に対するスタンスを作っていく整えていく作業でもあると言えるでしょう。
料理人が丁寧に道具である包丁を研ぐように、対人援助職が道具である自分自身を「磨く・研ぐ」体験と言えるかもしれません。
しっかりとその体験をすることを重視するため、この研修では、参加人数は8名に限定して行います(先着順!)。

参加者には、オープンダイアローグに関する知識については、事前に以下の参考者を読んでおいていただき、この研修では知識よりもともかく「リフレクティング・トーク」を体験しながら、自ら磨くことを目的とします。


自分のコミュニケーション・スキルを磨きたい方、オンラインのオープンダイアローグ体験をしてみたい方、ぜひご参加ください。

 

 日 時 2020年11月22日(日)9時半〜12時
  Zoomによる開催(事前にZoomのアプリをダウンロードをお願いします)
 コーディネーター&講師 八巻 秀(駒澤大学教授・SYプラクティス代表)
 参加資格 臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、ケースワーカー、弁護士などの対人援助職。あるいはその道を目指している大学院生。 事前に「オープンダイアローグとは何か」斎藤環 著(医学書院)を読んでおくこと。
 参加費 4,000円(事前振り込み。振り込み後の返金は行いません)
 参加申込

メールの件名に「オープンダイアローグ体験の会参加希望」と明記して、「お名前・ご所属」を書いて、syamaki2020(a)gmail.comのアドレスにメールでお申し込みください。折り返し、参加費の振込先や、Zoom参加のためのURLなどをご案内いたします。

 

※メールアドレス(a)は半角の@