更新:5/9

論 文

一部の論文は、ダウンロードできますので、ご自由にお読みください。

・ニーズ・枠組みを把握しながら、なぞること ー松村論文を読みながら、システムズ・アプローチの基本姿勢を確認するー

神戸松陰こころのケア・センター臨床心理学研究 (11) 78-80

2016年5月


・学校臨床活動における原点としてのアドラー心理学

子どもの心と学校臨床

第 14 号 2016 年2月

ダウンロード
学校臨床活動の原点としてのアドラー心理学.pdf
PDFファイル 222.0 KB

・健全な親子のかかわりとは?ー臨床心理学的「家族関係」論ー

中京大学臨床心理相談室紀要 (14) 1-11

2014年9月


・「円環的思考」について〜「問い」から「想像」へ,そして「仮説」へ.

駒澤大学心理臨床学研究 13 31-3

2014年4月


・精神疲労のある相手に向き合う指導者の心得〜P・N循環理論の観点から〜

体力科学 63(1) 129-129

2014年2月


・セラピストの振る舞いを意識するということ:宮慶論文の読後感から連想する

神戸松蔭こころのケアセンター臨床心理学研究 8 120-121

2013年4月


・土屋論文へのコメント:疑問と妄想でこの事例を見直してみる

神戸松蔭こころのケアセンター臨床心理学研究 7 78-80

2012年4月


・臨床心理学における質的研究法についての一考察~「セラピスト・インタビュー研究法」についての概要

駒澤大学心理臨床研究 (10) 3-7

2011年8月


・「オートポイエーシス」って何?~ある大学教員と大学院生との会話から

駒澤大学心理臨床研究 (9) 8-15

2010年3月


・スクールカウンセリングにおける「軽度発達障害という状況」への取り組み方

ブリーフサイコセラピー研究   17(1) 56-59

2008年10月


・子ども・家族の面接方法について:家族療法的ものの見方から考える

ケース研究(家事事件研究会)   296 55-81

2008年


・ブリーフセラピーが心理臨床家の養成に貢献できることは何か:スクールカウンセリングの現場から,

ブリーフサイコセラピー研究   16(1) 30-35

2007年


・夫婦と治療者の「間(あいだ)」の創出と活用

家族療法研究   21(3) 238-248

2004年


・心理査定を用いた道徳教育の試み -スクールカウンセラーの新たな役割ー

秋田大学教育文化学部研究紀要教育科学   57 23-29

2002年


・「心理療法においてセラピストが「主体的になること」

秋田大学臨床心理相談研究   2 1-10

2002年


・催眠療法と間主体的現象として考える-事例を通しての検討-

催眠学研究   45(2) 1-7

2000年


・イメージ療法におけるイメージの間主体性

催眠学研究   44(1) 19-26

1999年